検索
  • イザベラ

クラシックな輪のデザインと象嵌工芸

簡素なメッキにした銀の輪に緻密なジルコンのダイアモンドを組み合わせ、交じっており密接しているチェーンが輪の隙を通しそれと一体に。浮き彫りに似ている芸術模様と繊細な製作工芸に加え、柔らかかつ円満の象徴意味が女神の輪の誕生を。



古代人が月と太陽から圓のコンセプトを知ったとき、円形は生活で大切な図案となっていました。独立で美しい圓には完璧や円満の意味が含まれます。今まで、社会で各種のデザインと創作に使われている圓は越えられない図案と言われます。柔らかさ・飽満・完整・緊密・充実などの象徴意味には、女神の輪の発想は遡りました。さらに、マルマルとしている曲線の様子も女性の気質に似合っています。


今すぐ購入

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示